×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

羽田空港(ビッグバード)での食事と土産

エアポートショップ「ブルースカイ」というものが中心となって羽田空港(ビッグバード)の利用客に向けた食事やお土産品の提供などのさまざまなサービスを展開しています。「ひとときの安らぎとタイムリーなサービスの提供」を大きな企業の目標として掲げ、細やかな商品設定と心地よいサービスを第一にしているショップがあります。ここで扱っているのはおもにお土産品、喫茶店の運営、レストラン事業などがあげられます。

「ブルースカイ」事業について

「ブルースカイ」は、1964年に大阪空港に初出店しました。ここをはじめに日本航空と提携し、JALの国内線事業の拡大にあわせて、ともに発展してきました。「ブルースカイ」は、現在では100店舗まで店舗網を拡大し、積極的な事業展開を推進しています。 ブルースカイの特徴はそれぞれの空港の名物と接することができる事があげられます。業務の範囲も、土産物からはじまり、食事、特産品、有名な中華料理店の料理などを楽しむことができる程多彩なものがあります。それぞれの空港のオリジナルな商品もありますので、旅の記憶に残るような快適な時間を楽しむことが可能となっています。みなさんもぜひご利用下さい。

羽田空港のブルースカイ

羽田空港のブルースカイは、なんと15店舗あります。各店舗がとても個性豊かになっています。各店舗がそのお店でしか手に入れられない商品を扱っています。例えば、海外の有名なお菓子や、有名な店、老舗として名前の売れている店の特別なメニューなど、実にさまざまな商品を扱っています。

羽田空港ブルースカイダイナーのオープン

そんな羽田空港ブルースカイに2008年3月、羽田空港ブルースカイダイナーがついに開店しました。

ジンディンロウ

このブルースカイダイナーの最大の名物は有名中華料理店「京鼎樓(ジンディンロウ)」の支店の出店があげられます。「京鼎樓(ジンディンロウ)」は台湾にあり中華料理店でで、台湾本国内では1、2を争う人気店としてとても有名なお店です。日本でも既に、店舗を構えていましたが、今回は、羽田空港内に日本で始めてブルースカイダイナー内に出店して本格的に料理を提供することになりました。

羽田空港内の飲食店の特徴

羽田空港内には、今回の「京鼎樓(ジンディンロウ)」以外にもこだわりの料理、カクテル、デザートなどく豊富なメニューを提供している店舗が出店しています。また、ここの最もすぐれたコンセプトは、時間帯に応じて客のニーズも変化しますので、その変化に対応して、時間帯に応じてさまざまなサービスを提供していくという点です。

羽田空港(ビッグバード)限定商品

2008年3月からは、羽田空港ブルースカイでの限定として「東京スイーツ」発売されました。「東京スイーツ」はモスフードのスイーツ店である「マザーリーフ」と提携して販売が出来るようになった本格派の生菓子となっています。
さらに、「さくらロール」や「バタースイートポテト」など、素材にこだわり、自然素材から作った各種のスイーツが販売されています。

羽田空港(ビッグバード)を積極的に利用して下さい

羽田空港(ビッグバード)でしか買えない、味わえないという土産品やサービスは貴重ですね。羽田空港内のブルースカイはいろいろなサービスや商品を供給しているお店です。旅のはじめはこれからのことで頭がいっぱい。帰りはちょっと寂しい思いで胸がいっぱい。空港での記憶はほとんどない、ということが多くなりがちですが、羽田空港のブルースカイなら旅のはじめと終わりにさらなる楽しみと喜びをつけ加えてくれます。羽田空港を利用される際には羽田空港ブルースカイをご利用することをおすすめします。